若林運送の強みOur Points

若林運送株式会社 ホーム若林運送の強み

私たちの強み

1930年代から続く若林運送はハイヤー・タクシー事業を皮切りに運輸業をスタートしました。ハイヤー事業においては、サービスの質が認められ宮内庁御用達として成長致しました。皆様に認められる輸送品質の源は、「車を大事にする」というドライバーへの教育です。お客様や荷物を扱うハイヤーやトラックを大事にすることでお客様へ快適さ安心感を提供出来ると考えているからです。

そして戦後、数ある運輸事業の中から液体輸送、石油輸送、ケミカル輸送、液化ガス、タンクローリーのトラック輸送事業に焦点を絞り活動していき、現在のJX日鉱日石エネルギー株式会社 にあたる東亜石油(株)、そして化学製品業界をリードしている株式会社クレハとの取引をきっかけに、石油や苛性ソーダ、塩酸といった危険物、毒劇物等の化学薬品を含む液体輸送(ケミカル輸送)を開始いたしました。

これらの品物は一歩間違えれば人の命をも脅かす危険性をもち、さらに「液体」という特殊な運転技術を要する、トラック輸送の中でもっとも難しい仕事でした。それまで培ってきた私たちの経験と、ドライバーのレベルの高さがまさに生かせる分
野であるととらえ、果敢に挑戦していこうと決断を致し、今日は100%タンクローリー輸送会社へと転身いたしました。また、近年では高圧ガスを取扱える体制が整っております。そして、この挑戦が私たちの大きな飛躍のきっかけとなり、石油エネルギー文明、化学製品技術の発展とともに成長してまいりました。